介護職員初任者研修 通信 治験コーディネーター求人|看護師・薬剤師・臨床検査技師

 

知っていそうで、意外と知らない病気まとめ

低年齢化・高齢化が進む摂食障害

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的に、『拒食症』『過食症』 として知られる摂食障害は、

様々なタイプがある、破壊的な食習慣のことである。

 

 

 

 

ストレスなどの、昇華できない感情を対処する方法として始まるケースが多いが、

次第に健康に深刻な害を及ぼすようになってしまう。

 

 

 

 

患者数は、男性よりも女性に圧倒的に多く、芸能人も多数罹患していたり、

あるいは、以前摂食障害であったことを告白する人が増えている。

 

 

 

 

代表例としては、歌手のレディー・ガガや、

女優の釈由美子などが挙げられる。

 

 

 

 

多くの摂食障害の患者は、『うつ病』 や、『睡眠障害』 を始め、

特に、『強迫神経症』 に、苦しんでいる。

 

 

 

 

さらには、『心臓疾患』『骨粗しょう症』『不妊』 など、幅広い。

 

 

 

 

症状としては、大きく分けて、

『拒食症』『過食症』『むちゃ食い』 の、3つがある。

 

 

 

 

過食症と、むちゃ食いは、一見似ているが、

過食症が、大量のカロリー摂取後に、カロリーの吸収を阻害する、”代償行為” を行うのに対して、

むちゃ食いは、”代償行為を行わない” ため、体重が増加するところに違いがある。

 

 

 

 

摂食障害に対する治療方法は、体重の増減ではなく、

その行動に走る原因となった、最初の問題を解決することが、

治癒への近道である。

 

 

 

 

自分が罹患していると認識していない人も多いため、

摂食障害が疑われたら、家族や友人に付き添ってもらい、

精神科や心療内科で、専門医を紹介してもらうといいだろう。

 

 

 

 

 

慢性的にかかりやすく、容易に再発する疾患であることから、

低年齢化・高齢化が進み、世界的な社会問題となりつつある摂食障害。

 

 

 

 

他の合併症を併発する前に、ストレスをためずに健康的な食生活を送ることが大切だ。

 

 

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ