若い世代に増えている過敏性大腸症候群

若い世代に増えている過敏性大腸症候群

 

 

 

 

 

 

 

 

過敏性大腸症候群とは、大腸がわずかな刺激に対しても、

過敏になってしまう疾患のことだ。

 

 

 

 

過敏性大腸症候群になると、消化管に損傷などは見られないが、

円滑で周期的なはずの、大便などの行為が不規則になる。

 

 

 

 

大腸がんや潰瘍性大腸炎、クローン病などに、

症状がよく似ているため、この病気の診断には、

それらの病状である可能性を、排除するところから始まる。

 

 

 

 

レントゲンや内視鏡などの検査をしても、

身体的な異常は見られないことから、

適切な治療を受けずに、知らず知らずの内に、

悪化するケースも多いので要注意だ。

 

 

 

 

過敏性大腸症候群の治療は、まず、

食事とストレスに関する要因の考察から始められる。

 

 

 

 

ニコチン、カフェイン、アルコール、および、乳製品は、

腸に刺激を及ぼすものだが、それらが必ずしも、

決定的な要因となるものではない。

 

 

 

 

腸は、他の臓器よりも脳と密接に関わっているため、

ちょっとしたストレスにも敏感に反応しがちだ。

 

 

 

 

若い世代、特にビジネスマンの間で増えているのも、

そのためだと言われている。

 

 

 

 

一般的に、過敏性大腸症候群は、

生涯に渡り持続する疾患と考えられているので、

食生活の改善に始まり、様々なセラピーや、

リラクゼーションなどを含め、自分自身に適した、

最善の方法を見付けることが、改善への近道と言える。

 

 

 

 

心身両面のセルフコントロールを身に付け、

バランスのいい生活を送ることを、心がけよう。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ