症状であって病名ではない、坐骨神経痛

症状であって病名ではない、坐骨神経痛

 

 

 

 

 

 

 

 

『坐骨神経痛』 は腰椎神経根障害とも呼ばれ、

坐骨神経のどこかに発生した、圧迫もしくは刺激の結果を、

説明する時の用語であって、病名ではない。

 

 

 

 

刺激が起こる原因は、だいた脊柱管の中の、

L5/S1の神経根にあり、椎間板疾患や、

脊椎管狭窄などが含まれる。

 

 

 

 

この他坐骨神経痛の痛みは、仙腸関節における骨関節症など、

脊柱の外部からも発生することがある。

 

 

 

 

自覚症状として、腰痛や臀部痛、脚が重たく感じる、

患部が針で刺されている様な感覚などが起こる。

 

 

 

 

座る動作やくしゃみ、あるいは、咳をした時に起こる時もあり、

特に、腰痛がそけい部におけるしびれ感や、膀胱や腸の、

調節障害とともに起こる時は、救急疾患のサインだから注意しよう。

 

 

 

 

坐骨神経痛の治療は、

炎症が起こった原因によって決められる。

 

 

 

 

ほとんどは椎間板疾患が原因で、多くの人は、

手術の必要はないが、痛みが続く場合は、まれに、

腫脹した椎間板を摘出する手術を行うケースもある。

 

 

 

 

その例としては、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍など、腫瘍性の病気で、

坐骨神経痛を発症する場合などが挙げられる。

 

 

 

 

坐骨神経は、腰部・骨盤部から脚の末端にかけての、

とても長い神経なので、広範囲に症状を出す可能性がある。

 

 

 

 

毎日の仕事や生活習慣で、身体の同じ部分に負担が、

かかりやすくなっているので、予防するには、症状が出る前に、

1日の中で体操やストレッチをする時間を作り、一部分への負担が、

軽減される身体づくりをすることが、最も大切である。

 

 

 

 

生活習慣は、余程意識的に行わないと、中々変えづらいものだが、

まずは寝る前の数分間でもいいから、体操などを取り入れてみよう。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ